2007年08月04日

モモ

元気印のラブドルもしんどいです。
寝不足もありますが、やはり精神的に相当きついです。
でも、こんなに頑張れるはずのないモモが頑張ってるので、
私も気持ちを切り替えなくてはと思います。

病院の院長から1日の夕方、お詫びの電話がありました。
やはり院長は23日の退院の時点で、モモの状態がとても悪く、
翌日までもって居ないと思っていたとおっしゃいました。
で、その後代診のDrから話を聞き、カルテを見て驚いたと。
いい訳のようなこともおっしゃっていましたが、はっきりと言うべきことを言い、謝罪はいらないから、私や、これまで対応に不満のあった患者や家族、そして今後の為に反省するなら行動で示して欲しいといいました。
そして、手術をして下さってことに対しては感謝の言葉を言いましたが、技術だけでなく、誠意ある診療をお願いしたい旨も伝えました。

その後は、変わったような気がします。
今日も点滴の間も、ずっと外の駐車場でモモのことを診ていました。診療の後、【お大事に】とも。
モモに関しては、これまで一切【お大事に】なんて言葉をかけて貰ってませんから。


さて、モモですが・・・・・・・
本当に頑張っているんです。
7月末の元気さは全くなくなりましたが、注射器で送り込む食事を食べてくれるんです。お野菜をいっぱい入れたスープを作って、レバーの入ったフード缶とミキサーで攪拌して、どろどろにして食べさせています。
昨日からは、腎臓に良いという【活性炭サプリ】を摂らせてます。食べさせる私の指が、真っ黒けになりました。

一体どうすればいいのか? ほんとうに悩むのですが、食べる意欲のある間は、モモの望むようにしようと。


ただ、今日の検査結果では・・・・・・・・

モモは、今の状況でこの世に居ること自体が奇跡のようです。皆さんの励ましのおかげです。



今日院長の診察の時、これからの過ごし方を少しお話したのですが、ずい分と院長の対応が変わりました。心が何かを感じて下さったのかも?です。
一人で立って何歩か歩いてみたり、私のお布団の所まで回転しながらやってきたり、目もしっかりして、「ひよっとしたら、緩々でも生きていけるのかな? 腎臓が少し回復したのかな?」なんて思いましたが、子宮蓄膿症から発した毒素でやられた腎臓はもうだめみたいです。
期待していましたが、命を灯すろうそくは、わずかになってきたようです。
でも、最後までモモが少しでも楽なように過ごさせてあげたいです。
私ももう精神的にも肉体的にも、しんどいです。
でも、最後の最後までがんばって私のそばに居てくれるモモのために、笑顔で頑張ります

そして、アーダですが、ほんとうに良い子です。
いつもモモのそばに居ます。
夜はモモの布団の足元で、必ず寝ます。
私や母に甘えたいだろうに・・・・・・・
ただ、モモの食べ物や飲み物が特別な物に見えるようで、注射器でモモに食べさせていると、活性炭で真っ黒になった流動食ですら、よだれを垂らして見つめています。とほほ。

と言いつつも、なんとなく希望を捨てられない私。
30分ほど前にうんちをしたモモ。
活性炭で毒素を包みこんで便で体外に排出する。
わーっ、モモちゃん凄いね・・・・・・って思ってしまいます。

今日は兄と甥っ子がお墓掃除に帰って来てくれました。
モモ、おじちゃんに撫でてもらって、尻尾をふりふり。
アーダも遠慮がちに甘えていました。
また元気がちょびっと出たかな。(*^_^*)

ニックネーム ラブドル&モモ&アーダ at 23:12| Comment(11) | TrackBack(0) | モモのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

話してきましたが・・・・・・

今日も院長不在。
結局、点滴をうっている間、駐車場で代わりに診て頂いているDrに話をしました。
良くして頂いているので、気の毒とは思いましたが、これも勉強と思っていただいて・・・・・・・・

結局、「後日、院長から直接謝罪しますので、申し訳ありませんでした」と。
私は謝罪なんぞ欲しいわけでなく、重篤な患者を預かったのであれば、最後まで責任を持って診察せよ! !と言うことです。
もし不在にするならば、その旨を伝え、患者や家族に不安を与えないようにするのが当たり前だと思うのですが・・・・・・
技術が優れていても、医療は技術だけではないはずです。
Drにむかってこのような事を言うのは失礼ですが、我が家のモモはたしかに犬ですが、私達にとっては家族なんです。人間となんら変わりはないのですと。

【僕なら、もし手術で死んだとしても、可能性があるなら僕の責任で手術してやります】とまで言ったわりには、助かる可能性がなくなった途端、退院を促すし、以降診察もしない。
私と顔があっても話もしない。それはないでしょっ! !

23日の夜、面会に行くと突然【退院して連れて帰ったほうが・・・・・・】なんて言われ、結局退院。
それは私も納得していますが、「汚れて居ますので綺麗にして、注射をしてから車にお連れします】と言いながら、ものの3分ほどでモモを車に連れて来ました。
「あれっ、お尻も綺麗になってないし・・・・・なに?」
それでも、手術していただいた感謝を延べ、そして、明日点滴をするために通院する事を伝え、泣きながら車を出しました。
院長は一旦病院に入ったものの、すぐに走り出てきて私の車のガラスをノックして言いました。
「あのぅー、お支払いは?」

「急な退院ですし、この時間ですし、全く用意しておりませんので、明日お支払いに来ます】と。私は、「こんな時になにも支払いの事まで・・・・・・住所も電話もわかっているのに・・・・・・・」と腹立たしい思いでしたが、感謝を述べ帰宅しました。
そして、朝一番で支払いと点滴に行くと・・・・・・
院長は今日・明日とお休みです・・・・と。
きっと、自分が休みなので、手のかかるモモを退院させたのです。そうかんぐってしまいます。

そして、院長が休み明けで院内に居ても、さっぱり診察もして貰えず・・・・・・抜糸の日程も伝えられず・・・・・
縫った患部の消毒すらない。信じられない。

今日受付でまず、「うちのモモの主治医はどなたでしょうか}と尋ねました。
すると、「院長です」と。

私は、23日に【状態が悪いので自宅に連れてかえったほうがいいのでは】と言われ連れ帰り、不安な気持ちでいっぱいに所、
院長はいつ来ても不在。抜糸の予定も聞かされて居ないし、
それって、モモはもう助からないから、こういう扱いを受けているのですか? この病院の診療体制は、いったいどうなっているのですか? と、待合にお一人待っておられる方が居ましたが、質問してみました。
すぐそばに、モモを代診してくれた若い二人のDrがいましたので、ちょうどいい機会でした。

で、モモを車に載せたままですし、どうせ診療は車の中ですから、「車で待って居ますので」といって出ました。

代診のDrは本当に気の毒なほど、私にお詫びを言いましたが、
お詫びではなく、お詫びするくらいなら、私が感じた事がなくなるように、心の通った・誠実な診療をしてください。
たとえ言葉がしゃべれない犬であろうとも、魂はあるのです。
自分の身に降りかかった事は良くわかっているし、相手の投げかけた言葉や態度・行動は覚えています。

もう一人の行けない私が言いました。
「きっと言葉だけの謝罪だわ、口では何とでも言えるもの」と


さて、今日のモモですが、1000mlの電解質点滴をしました。
おしっこは出てますが、水分摂取が1Lに満たないので、脱水症状を引き起こしてはいけないので。
あと、食欲がないわけではないけれど、自分で口をあけては食べてくれません。無理には食べさせないほうがいいですと、もう一人のDrに言われていたので食べさせて居なかったのですが、痩せてしまって・・・・・・・
今日栄養補給用の注射器を頂いて来ました。
そして、夕飯を少し口に送り込みました。
3時には、チーズケーキのチーズの所を自分で欲しがって、ほんの少しですが、口をあけて催促して食べてくれました。
夜には、ほんとに久しぶりにうんちが出ました。
しかし、1Lの点滴はきついようで、少ししんどいみたいです。
飲む水分と、食べ物からの水分補給で、なんとか1日に1L摂取できるようにしたいです。
命のともし火は小さくなって来ていますが、ゆっくりとその日が来るまで、モモが苦しまずに、穏やかに過ごせるようにするのが、ママである私の仕事ですから。

長くなりましたが、我が家の夕食。
テレビのコマーシャルからパクリました。
【夏野菜のキムチ鍋】おいしかった。キムチ鍋の素は使わず、
鶏がらスープとキムチ漬けの素なんぞ使って作ってみました。
なす・トマト・アスパラ・白菜・シメジ・豆腐。
一番びっくりしたのは、トマトがとてもおいしかった。(*^_^*)


そして、モモちゃん、本日抜糸いたしました。

ニックネーム ラブドル&モモ&アーダ at 23:51| Comment(14) | TrackBack(0) | 病院・病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

ワタクシ・・・・・・

明日、モモを連れて病院に行きますが、【ぶちぎれます】
自分で言うのもなんですが・・・・・ワタクシ、意外と【穏やかで朗らかな人間】だと思いますが・・・・・・いくら考えても納得がいかないので、質問したいと思っています。
ただ、私は質問と思っていますが、人はそれを見て「ぶちぎれている」と思うかもしれません。それは個人差ですね。

なぜか?

今まで我慢していたのですが、23日にもうだめだから連れてかえって! !とばかりに言われモモを連れて帰りました。
それ以来、モモの主治医である院長は、翌日から2日間は休み。次からは院内に居ても現れず。いい加減すぎませんか?

手術のあとも綺麗になってきているのに、抜糸の日程もなにも話がない。
きっと、「もうだめ」とたかをくくつている。

代診のDrにモモの事を色々相談したり、尋ねたこともつぎのDrには「申し送り」がされて居ない。
こんな行き当たりばったりの診療でいいのだろうか?
やはり、以前のままの体質を引き継いだ動物病院です。
にいはま動物病院は。

日曜日にアーダの治療で行ったおり、モモの事で相談事をしました。腎臓に効くという【活性炭】のこと。
Drは良く説明をしてくれました。そして、主治医の方に話しておきますと言ったけれど・・・・・・・
23日以降顔も合わさない院長が主治医??????
そして、きっとまたまた「申し送り」が出来ていないでしょうね。
ずい分と我慢しましたが、明日は受け付けで大きな声で病院側に問い合わせてみたいと思います。
ワタクシ・・・・・声は大きいほうですから。

今日のモモ。
よく寝ています。穏やかです。2日間点滴をしていません。
水を飲みます。私もなるべくお水を飲ませるようにしています。嫌がらなければ。
そして、ニュートリカルも舐めてます。
おしっこは、朝に二回、そして、さっき出ました。ほっとしました。
ところが・・・・・おっぱいが出ているのです。不思議です。
子宮を摘出したのに、偽妊娠しているのですね。不思議です。

アーダは、モモがおしっこをすると、( ̄●● ̄)クンカクンカとモモのお尻の辺りを匂って、私に知らせてくれます。
気が付くとモモの近くに寝て居ます。見守ってくれているようです。

ニックネーム ラブドル&モモ&アーダ at 23:06| Comment(8) | TrackBack(0) | モモのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モモとの日々

モモとの日々を穏やかに過ごしたい! !
これが今の私の気持ちです。
「もうだめです」と言われてから、10日が過ぎました。
その間に緊急手術、そして、またもや「もうだめです、家族と残された時間を過ごしたほうが・・・・・】と言われ、自宅に連れ帰ったのが23日の月曜日。
本当にモモは頑張っています。
緊急手術もして良かったと思えるようになりました。
命のともし火は消えかかっているようですが、反面、悪い所を取り去ったので、「起きたい、歩きたい」と言う意欲が出て来ました。それだけでも、私としては嬉しくて涙が出ます。
全く眠れない日もありますが、益々モモが愛おしくなります。
言葉を発する事は出来ませんが、目で語ります。
一昨日点滴をしました。利尿剤は腎臓に負担をかけるので入れず、電解質輸液のみを1000cc入れました。そして血液検査。
血液検査は白血球値は良くなっています。が、腎臓の機能は悪くなる一方で、集中治療しても回復はありえないとの事。
点滴をしても、日ごと悪化するでしょうと・・・・・・・

でも、悲しいけれど辛くなかった。
だって、マイミクサンやネッ友さんがいっぱいモモの事を思って応援して下さってるんですもの。
きっと、モモが苦しまなくてすむように、皆さんの思いであの子にとっていい方向に進むと思えるからです。

悪い子宮を取り除いて、モモはずい分と楽になりました。
不自由な後ろ足だけど、立とう! 歩こう! としています。
おしっこは出にくいけれど、まだでています。
点滴をすると途端にしんどくなるけれど、頑張れます。
皆さんの応援のおかけだと、感謝しています。ありがとうございます。

集中治療や濃厚な治療はモモに負担をかけるだけと思います。
残された時間、家族一緒に、素敵な時間を過ごします。
私も少し落ち着いて来ました。ワンコのかあさん、ありがとうございました。
モモと、ゆるゆると過ごして行きます。
共倒れにならないように。母の事も心配ですから。

モモのひえひえ枕です。これをしていると良く寝てくれます。
P1030268.jpg
点滴が嫌なら、水分を取るしかないのだ。
P1030273.jpg
姪がかえって来てくれて嬉しいモモ。
P1030262.jpg
ニックネーム ラブドル&モモ&アーダ at 00:53| Comment(8) | TrackBack(0) | モモのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

今日のモモ

今日もまた暑い1日でした。
ラブドル地方は、「納涼花火大会」が開催されました。
アーダといつもの裏の堤防にお散歩に行くと、ドーンドーンと
打ち上げ花火が上がっていました。綺麗でしたよ。
堤防には花火見物の人が結構いました。

今日のモモ。穏やかに過ごせました。
昨日の検査結果にがっくりすると共に、点滴することと負担がかかっていたことがわかったので、今日は病院には行きませんでした。食べ物は嫌がって全く食べませんが、少しずつですが、お水は飲んでいます。

ところが、点滴もせず、利尿剤も使ってないけど、おしっこが出ています。割と大目にです。昨日までの利尿剤の影響でしょうか?
しかし、今日は穏やかに寝て過ごしました。
午前中にモモの名付け親である姪がやってくると、嬉しそうです。そして、前足で立って、後ろ足も踏ん張って立とうとするんです。お腹を支え立たせてやると、二歩歩きました。

そして、驚くことが起こったのは夕方6時半過ぎ。
アーダの食事を済ませてモモの所に戻るとお水を飲みたそうにするのです。
「もっちゃん、お水飲む?」と言って水を持っていくと、少し飲んだかと思うと変な顔をしました。
そうなんです、おしっこをしだしたんです。
ところがちょうどシートの狭間。下には防水シートを敷いていますが・・・・・・・あららっ。
お昼に綺麗に替えたシーツもびしょびしよ。
モモを低反発マットから下ろし、センターラグに寝かせて、私はモモのベッドを綺麗にし始めました。
下が硬いのか、ご不満気味のモモ。
ベッドメークが出来、「モモちゃん、出来た・・・・・」と言いかけた時、なんと! !モモが自力で起き上がって、たった5・6歩ですが、歩いてマットの上に倒れこみました。
もう驚いて・・・・・・・思わず「きゃーーーっ、モモちゃん」って悲鳴に近い声を出していました。
きっと硬い畳の上は嫌だったんですね。

子宮蓄膿症の手術をして、悪い所を取り去ったのが、きっとよかったのでしょう。ほっとしています。
ただ、腎臓の機能は悪い状態ですから・・・・・・

皆さん、毎日モモの事を気遣って下さってありがとうございます。モモに力を与えていただいているのを日々感じます。
本当にありがとうございます。

今後、モモの体の負担になる治療は受けないようにと考えています。

今日のモモです。
私や母が見守れない時は、こうやってアーダがモモのそばに付いて居てくれます。
P1030256.jpg
P1030257.jpg
ニックネーム ラブドル&モモ&アーダ at 22:32| Comment(12) | TrackBack(0) | モモのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

病院に行って来ました。

今朝も病院に点滴をうちに行きました。
なんと、今日は院長が居ますと聞いていたのに居ない。
おまけに昨日まで見てくれていた先生も居ない。
あ〜〜〜って言う感じです。まあ仕方ないですが・・・・

昨日の午後から4時間おきにおしっこが出るし、お水もどんどん飲むし、体の浮腫も緩和されてきたので、【良くなってきたんだ】と思っていたのですが、血液検査をすると・・・・・

白血球値はずい分と下がってきて居ますが、腎臓数値は益々悪くなっていました。
おしっこを出すために利尿剤を使って、腎臓の働きを強めたので、その結果として数値が上がったとの事。仕方ないです。
明日は点滴量を倍にして、利尿剤は止めて見るそうです。
なんとか腎臓の機能が少しずつでも回復してくれるといいのですが・・・・・・祈るばかりです。

先生がおっしゃるには【相当辛いはずです。ほんとにこの子は頑張りますね】と。
おしっこが出たり、お水を自らの意志での飲みはじめ、食べる意欲も出たように思えたので、ちょっぴり【ぬか喜び】をしてしまいました。モモ、ごめんね。
でも、自宅で居ると安心したお顔なんですよ。
続きを読む
ニックネーム ラブドル&モモ&アーダ at 10:41| Comment(6) | TrackBack(0) | モモのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

モモ

毎日、皆さんの暖かい励ましを読んで、元気が出てきます。
dalmaniaさんのところから、アミィかあさんのところから、そして太陽さんのところから、キャサリンさんのところからと、沢山の方が来て下さって励ましてくださいます。
本当にありがとうございます。どれほど、私達家族を勇気付けて下さることか。ありがたくて、涙が出ます。ありがとうございます。


モモですが、昨晩は夕方以降おしっこが出ず、呼吸も荒かったのでとても心配しましたが、午前3時におしっこをしました。
嘔吐もあり、それも気がかりではありますが・・・・・

今日も朝一番で仕事をし、その後すぐに病院に行きました。
点滴と抗生物質をしました。しかし、点滴もおしっこが出なければ、それ自体が体にとって負担をかけ、悪くしますので、心配です。
(腎臓が悪くて、おしっこを作れないので。)

今日は朝に一度と、午後からも3回おしっこをしました。
ただ、少し体が震えがくるので(先生にも見てもらいましたが)これも心配です。
腎臓が悪いので、尿毒症になり毒素が脳に回ると大変な事になるので、この震えのようなものは、すでに脳症を起こしているのでは?と言う私に対して先生は・・・・・・症状としては、嘔吐と下痢がまず症状として現れますと。かなり激しいらしいですが、嘔吐がありますから、少し気になります。今朝の嘔吐は激しかったので。考えれば考えるほど、不安なことばかりです。


昨日は市内に住むラブ仲間のアミィかあさんがお見舞いに来てくれました。本当に久しぶりのご対面でしたが、喜びました。
今日は東京から姪(次女)が姉に連れられてお見舞いに来ました。
嬉しかったようで体を起こして喜んでいました。

自宅に帰って、数値的には良くなっていませんが、安心したのか、表情が全然違います。
表情が良くなったのと、おしっこが出ているので、また明日血液検査をして、その結果で入院し集中的に快方に向けて治療しますとの事でした。
しかし、またあの狭いステンレスのケージに入れられると、後ろ足も不自由だから、寝返りや体を動かすことも出来ず、ストレスが溜まった、また悪くなるのではと心配します。
昨晩から、今朝にかけて低反発マットでのびのび寝ているモモは、前足を駆使して、360度回転を何度もしていました。モモの底力と「ひょっとしたら良くなるかも?」と言う淡い期待を感じました。
とにかく、明日の検査結果で、先生と話し合います。
院長は昨日・今日と不在。不在にする事も伝えられていません。この対応には不満です。
しかし、留守中診て頂いた先生はとてもいい先生です。
犬の気持ちになって、飼い主の心も良くわかってくれます。
担当を変えていただこうと思います。

今日は病院に行く前、そして、今から30分ほど前から自分でお水を飲みます。飲みたがります。帰宅して無理に口に含ませていたのがうそのようです。夕方には、アーダにりんごを食べさせているのを見て、首をもたげ、欲しがりました。お友達から送っていただいた「ニュートリカル」を舐めました。嬉しい。
皆さんの送ってくださったパワーのおかげです。
本当に感謝しています。
まだまだ安心で来ませんので、また元気玉を送ってやってください。どうぞよろしくお願いします。

昨日は母がダウンして寝込み、全く余裕がなく、書き込みもしなかったので、皆さんに余計なご心配をおかけしました。
お蔭様で、母も少し元気になりました。
改めて、母が居てくれることの大きさを感じ、感謝しました。
そして何より、在宅で仕事が出来る自分の身を幸せと感じました。


モモのそばに居ると、数秒ごとに気持ちが変化します。動揺します。でも、モモを連れて帰った時、「モモの前では絶対に泣かない! !」と誓いました。
気持ちがぐらつき涙しそうになるけど、頑張れるのは皆さんのおかげです。
そして、今日はお友達のチョビさんに話を聞いてもらって、
いろいろと話を聞かせて貰って、心が落ち着きました。

モモはしんどい体で、けなげに頑張っています。
頑張っているモモをなんとか回復させてあげたいです。
アーダも本当にお利口さんです。
ただ、やはりモモと同じ事をして欲しいようです。
続きを読む
ニックネーム ラブドル&モモ&アーダ at 22:21| Comment(7) | TrackBack(0) | モモのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

モモ

今朝病院に連れて行きました。
駐車場で車の中で点滴をしました。抗生物質の注射も。
今日は担当の院長が休みなので、別の若い先生でした。
症状などお話して、病院に居た時よりも動いたり、目がしっかりしていますと。
一応血液検査をすると、腎臓の数値はとても悪いです。昨日と変わりません。
でも、希望は捨ててません。

さっき13時過ぎにおしっこが出ました。
点滴の効果もあるとは思いますが、病院から帰ってまたまたスイカジュースを少し飲ませました。
あと、ほんの3粒ですが、レトルトのビーフ&野菜のビーフを食べました。
しんどくないのなら、モモに頑張ってもらいたいです。
皆さん、レスが出来ずすみません。
皆さんの励まし、本当に嬉しいです。力強いです。
ありがとう。

ニックネーム ラブドル&モモ&アーダ at 13:34| Comment(16) | TrackBack(0) | モモのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

帰宅しました。

モモの状態が非常に悪く、連れて帰りました。
腎臓の機能が限界のようで、おしっこがでなくなりつつあります。
顔、パッド・・・体の全てが水分で腫れあがっています。
もう限界のようなので、残された時間を家族と過ごすことになりました。
皆さんの暖かい激励、本当にうれしかったです。ありがとうございます。
病院でDrから説明があり、二つの選択肢を言われ、
【モモ、一緒に帰る?】【どうする?】って問いかけると、尻尾を一度だけ振りました。
病院ではとてもしんどそうでしたが、車に乗せると自分で向きを換えたり、しっかりとした顔つきになりました。
きっとお家に帰りたかったと思います。


追記
みなさんへ
本当に暖かいお言葉とパワーをありがとうございます。
さっきかなりのおしっこが出ました。夜中にはうんもでました。
モモ、自分の力で頑張っています。
体を良く動かしています。
お水はまだほんのわずかですが、舐めます。
モモの力を信じます。

ニックネーム ラブドル&モモ&アーダ at 20:06| Comment(10) | TrackBack(0) | モモのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

面会

P1020246.jpg今面会を済ませ帰って来ました。
モモ、やはりしんどそうです。
大きないびきをかいて寝ていました。
その前にうんちがしたくなって、吠えていたそうです。
今朝も吐いたようです。

Drの話では、まだ予断を許さないそうです。

今日は母と二人、午後と閉院前に面会に行きます。

しんどそうでしたが、写真を撮ってきました。

今のモモです。

みなさん、沢山の元気玉を送ってやってくださいね。
よろしくお願いします。

そして、今まで一人でお留守番をした事のなかったアーダ。
たった40分ですが、【初めての一人お留守番】を体験しました。
とても大人しくて、お利口さんで、ちょっと寂しそうなアーダです。

ニックネーム ラブドル&モモ&アーダ at 10:14| Comment(7) | TrackBack(0) | モモのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする