2006年09月30日

耳血腫

今朝の事、7時に娘達にご飯をあげて、デザートにヨーグルトもあげました。その時は全く気が付かなかったんです。
ところがそれから1時間後、お掃除に取り掛かった私。
おばあちゃんのお部屋のお気に入りの低反発マットの上で寝ているモモ。かわいそうだったけど、「もっちゃん、お掃除するからおっきして」とモモを見ると・・・・・・がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
モモのお耳が・・・・・・

DSC_1302.jpg
左耳の一部が膨らんでいて重そうなんです! !

「モモが大変なことになってるぅーーーーー! !」と絶叫。
お庭でお洗濯物を干していたおばあちゃんが飛んできました。
そして、「あららっ、もっちゃんまた落し物したん?」って。
夏頃からモモちゃんがたまぁ〜〜にうん○をお部屋に落とすことがあったので、おばあちゃんはすぐにティッシュをもって駆けつけたのでした。
「モモの耳見てぇー」

DSC_1302b.jpg

おばあちゃん、「どうしたん?怪我?痛いだろうに・・・・」

「耳血腫って言うのだと思うよっ。でも、耳を掻いてなかったし、頭を振ったりもしてなかったし・・・・・・なんでだろうexclamation&question

取り急ぎ隣の市にある動物病院へ

あまりに急いだので、いつものように車を【モモ&アーダ仕様】にし忘れてしまって。秋の交通安全週間+モモちゃん大事と思いっきり気をつけて走ったのですが・・・・・
もっちゃんたら、フロントシートとリアシートの間におっこちては
「うーーーっ」って言う始末。ごめんねっ、モモ。
本日は35分で到着。あまり込んでいないし・・・・・・
なんて思ったら、手術の子がいたので1時間近く待っていよいよ診察室に。
モモはアンヨが痛いのに、すぐに診察台にジャンプしようとします。
で、私が抱き上げて診察台に。
この病院、看護師の方が結構いるのに気が利かないというか、仕事ができないと言うか・・・・・・ぼっ-とするなっ! !(心の中の叫び)
誰も来ないし、Drはモモのカルテを見てるし・・・・・
体重計らなくていいんかぁ〜い。
で、私が計りました。23キロ。ばんざぁ〜〜〜い、1.5キロ太れたねっ。るんるん
それにしても、いつにもまして酷いぞよっ。お仕事しなさぁ〜〜い。


Drはモモを見るなり、【手術します】だって。
私は、「耳血腫」ですかぁ〜、でも、耳を掻かないし、激しく頭を振ったりもしていなかったし、昨日はこんな状態ではありませんでした。
何かに感染したと言うことはないのでしょうか?と尋ねると。

「ありません、切って綺麗に縫合しないと直りません」と。

私は【麻酔はできれば使いたくないので】と言うと、

【では・・・・・・】と言ってなにやら持って来て、私にしっかり頭を補ていするように言って処置し始めました。
モモは我慢強い子なので、おとなしくされるがままでいますが、
診察台の上には真っ赤な血(ぢつはショウ液)が凄い勢いで落ちました。
モモも身体も私の手も服も血色に染まりました。
が、そんななかもDrが声をかけているのに、誰も手伝いに来ません。

以前から感じているのですが、丸亀のDrのところは全て看護士さんがしてくれます。ぼっとしてるとDrから教育的指導が入りますし、看護師さん同士で連携がうまく取れています。
処置のときはオーナーにこんなことさせませんが・・・・・
そして、今日も病院の玄関入口も駐車場も受付けもお掃除をしているのは解るのですが、くさかったです。

で、モモの処置は・・・・・・
患部をパンチで穴をあけ、たまったものを取り出して、また血液がたまるのを防ぐ為に、テーピングで耳に圧をかけるというものです。
このときも私一人で保体です。さすがにモモは大人しくしているものの
診察台の上で後ずさり。台からかわいいお尻が半分出て、落ちそうになってます。
必死でテーピングする耳を持たされている私、モモのお尻を支えるのは大変。メラメラと怒りが。ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)

Drが気付き、誰かの名前を呼びましたが、来たのは女の先生。
なんてこと。これはここの院長であるT先生の教育不足ですよっ。

まさかこんなにテーピングするとは・・・・・・ふらふら
DSC_1306.jpg

処置後20分位は何事もなかったのですが、帰り道車の中で耳を掻いたり、頭を振ったり、「えーっ、何でぇーっ」と言う状態です。
帰宅後は益々ひどくなって、カーペットに耳をこすりつけたり。
処置してもらって寝帰
って酷くなっちゃったみたいです。





ニックネーム ラブドル&モモ&アーダ at 14:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 病院・病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ああ、耳血腫・・・
爺様、両耳ともやりましたよ〜ある日、ぼてッとした耳に
気が付いて、獣医さんに聞いたら耳血腫だって。

で、爺様は何もしませんでした。モモちゃんみたいに
絶対処置させないから・・・
獣医さんはきちんと説明してくれました。
こんな風に処置するけど、たぶんラブ爺は大暴れするから、
麻酔を使うかも。
どうする?ほっておくとカッコ悪くなるけれど
命に別状は無いよって。

ワタクシ、お断りしました。良いですって。
カッコなんか今さら良いですもん。
それより、診察台で大暴れするほうがストレスになるだろうからって。
獣医さんも「そうだね」って言って、それ以上薦めませんでした。

だから爺様の耳は、ちょっとワンタンみたいに縮れてて
カッコ悪いです。
でも、だからどうということもありません。
どっちにしても、いまはあんまり聞こえませんし。

命の別状の無いものは、14歳くらいからいじらなくなりました。
ウチの獣医さんの良いところは、説明をしてくれて
最終判断を飼主に任せてくれるところです。

助手が役立たずなんて、獣医師の責任ですわ。
あきまへん。

耳血腫はたいてい両耳なるみたいなので、もしまたなったときは
ゆっくり考えても大丈夫ですよ。


Posted by ターミ姉ちゃん at 2006年10月01日 15:52
今日の様子はどうですか?

よくももちゃん、ガマンしたね。えらかった。
「お耳に穴」と聞いただけで卒倒しそうになりました。
ラブドルさんも大変でしたね。ご苦労様でした。

ウチもこの間のクキとイリスの手術の時、主人はずっと保定してました。
当然の様にレーザー避けのゴーグル渡されて(笑)
男の主人でさえ「飼い主にあそこまでさせるか?」と言ってました。
すごく力がいって疲れたって言ってました。
避妊手術の時はたくさん看護士さんいたのになぁ。
わが子の事ですからなんでもしまっせ、ですが
それは先ず看護士さんで、それでも足らない時に
「お家の方もお願いします。」にして欲しいですね。

ももちゃん、早くよくなりますように!!
Posted by ハンナママ at 2006年10月01日 16:39
♪ターミ姉ちゃんへ♪
もうびっくり、腫れてて重そうで、触ると熱いし。でも、酷い話でしょっ。(○`ε´○)ぶーっ
とにかく患者が異様に多いので、流れ作業のような診察があるのは確かですが、今回はDrにも看護師にも腹が立ちました。
私もターミ姉ちゃんと同じ考えです。モモの年齢も考慮して、命に別状がなければなるべく過度の治療はしないと言うこと。
何事も自然に任せてということかな!なんて。(*^。^*)
ラブ爺、17歳のお誕生日が近づいてきましたねっ。
なんだか自分のことのように、ラブ爺のお誕生日が楽しみなラブドルです。はははっ。
今日、丸亀にいけなくて(私の体調不良)、明日はその腹が立った病院でテープの交換です。
毛のあるところをあんなにテープでぐるぐる巻きにして、はがすのが大変だし、モモが痛がると思います。
モモが痛そうにしてたら、Drの向う脛を蹴ってやりたい! !ですわんっ。
Posted by ラブドル at 2006年10月02日 00:34
♪ハンナママさんへ♪
お互い心配が尽きませんねっ。( -。-) =3 ふぅぅ
モモは大人しくて我慢強いと、何処の獣医にかかっても言われ、考えてみると大手術はしていませんが、これまで麻酔をかけて手術したことがありません。なんて頑張りなんだ! !と今改めて感動してます。

少し出血してるようで、患部に当てている脱脂綿が赤く染まってぶら下がって来ています。
で、相変わらず耳を激しく振って、掻いて、カーペットにこすり付けてます。
処置するまでこんなことしていなかったのに。
ほんと腹立つ! !
ハンナママのかきこのように、どうにも手が足らないときに「おうちの方もお願いします」だと思います。ほんと、変な世の中だわっ。
Posted by ラブドル at 2006年10月02日 00:41
今日のモモちゃんのお耳の様子はいかがですか?
それにしてもホント腫れてますネェ〜
ココまで腫れてびっくりです

うちのアミィの耳も油断すると腫れますが
モモちゃんのお耳すごくぶ厚いですね
でも、病院でえらかったね〜
ウマウマもんもらってね。。。

ラブドルさんメールアドありがとう
いま検討中です
Posted by アミィかあさん at 2006年10月02日 15:39
♪アミィかあさんへ♪
お見舞いのお電話、ありがとう〜〜〜。
【想定の範囲内】ですが、べりべりと絆創膏をはがされて、当のモモよりあたしのほうが痛かったです。
でも、おうちの帰ってご褒美上げましたからっ! !
先日アミィかあさんがわざわざ焼いて持ってきてくれた「かぼちゃとゴマのクッキー」です。
いつもありがとう〜(*^^)^*)チュ〜☆
Posted by ラブドル at 2006年10月03日 21:44
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/483743
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック