2007年12月18日

通院

ワタクシ、ラブドルはとても元気なのですが・・・・・

アー子さんの耳血腫がやはり芳しくないので病院に行きました。

松村Drに、「やはり少し溜まり始めていますが、今日の処置で終わりにいます。あと、足の爪を切っていただきたいのでよろしくお願いします」と。

またまた奥の処置室に連れて行かれました。

が、なんとすべる床を平泳ぎのように泳ぎ私の後追いをするアー子さん。

もう爆笑です。

「はい、頑張って行ってらっしゃ〜〜い! !」とドアを閉めました。

看護師さん達笑ってました。

待っていると大型犬の鳴き声。これが凄い。

思わず受付に行き【うちの黒い子ですか?】と言うと、

「いいえ、違います。いつもおとなしいですよ。」と。鼻が5ミリ高くなったような気がしました。たった5ミリですが。(爆)

おそらくはG・シェパードの鳴き声かとは思ったのですが・・・・・笑


しかしですねぇー、時々鼻をピーピー遠慮がちに鳴らしているのが聞こえるんです。これは絶対にアーダです。確認していませんが。

綺麗に爪も切って貰って処置室から出てきたアーダ。

先日痛めていた右前足の指。少し腫れている状態でしたが、やはり内部で炎症を起こし化膿していた模様。
指の横側で毛に覆われていてなかなかわかりづらい部分でしたが、かさぶたが出来ていました。
そこがもし裂けて膿が出たら内部洗浄をしないとイケないそうです。

痛みもなくなり、元気にお散歩していたので全く気づきませんでした。

アー子さん、カイカイ体質だし、どちらかと言うと傷が化膿しやすいようです。

帰宅後強い北風の中、お散歩。さぶかった。
鳥も寒いのか、サギたちの鳴き声がまるで悲鳴のように轟いています。

そうそう、裏の堤防の工事が始まったのですが、昨晩はライトをつけて
遅くまでしていたのに、今日はどうも休みの模様。違う現場に行ったのかな? で、昨日は遅くまで轟音立てていたのね。
工事のダンプカー、堤防沿いの道路では離合できません。
なのに、昨日は三台とコンクリートミキサー車一台。
ダンプの皆さん、狭い堤防沿いの道をバックで帰って行きました。
薄暗いし、お散歩の人はいるし・・・・・・凄いとしかいい様がないですわ。

ラブドル家の大掃除、順調に進んでおります。

ニックネーム ラブドル&モモ&アーダ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする