2007年10月12日

子育て(犬育て)

子育て(犬育て)のことです。 と言ってもアーダはすでに11歳と6ヶ月。

話は先ず今日のお出かけの事から・・・・・・

先日作った「ゴーヤの佃煮」がとてもおいしかったので、ゴーヤを買いだしに行きました。
もう時期的には終わりだけど、先週はまだ周ちゃん広場(産直市)にあったので、また今日も周ちゃん広場にGO! !
もちろんアーダも一緒。せっかくあんよガジガジが治ってきて、足の甲も傷が癒えてきたので。
残念ながらゴーヤはゲットならず。仕方ないですね。
でも、ほかのものをいろいろと買ってきましたよ。(*^。^*)


家の中ではほとんど寝ているアーダですが、車に乗ると豹変。
モモと一緒に乗っていた時は寝てばかりだったのに、一人だとカーナビの所まで出てきます。それでハーハー言うものだから、そこいら中よだれが飛びます。
まったくもって【迷惑なやつ】でございます。

信号待ちの時、ちょっと思い付いた事があって試してみました。

犬の頭部に布を被せて、どうするかを見るのです。
足で払いのければ(確か短時間で)、知能が良いという知能テストのようなものです。

ちょうどよだれ拭きの正方形のタオルがあったのでかけてみました。


・・・・・・被ったまま反応無し・・・・・・

・・・・・・何時まで経っても反応無し・・・・

最初は母と二人爆笑



・・・・・もしかして・・・・・おばか・・・・・・( ;^^)ヘ..

・・・・・「ひよっとして取ってくれるのをひたすら待ってるの」・・


はい、そうなんです。誰かがタオルを取ってくれると思っているのです。
以前「倒れた飼い主を助けられるか?」っていうテストをしていました。

私もやってみました。

はい、すぐに飛んで来てくれましたが・・・・・

私の顔を覗きこんで匂いを嗅いで、背中の上を踏んづけて去って行きました。

そうなんです、あまりに手をかけて育てすぎて・・・・・ありがたみがないんですねっ、きっと。

そういえば、何年か前夜の山根公園で訓練していた時、大きないのししが私達の前に出現。
その時娘達は、すっと即座に私の後ろに隠れましたもの。ははははっ。

教訓・・・・・自分の事は自分で守りましょう! !  (×_×;)


買い物の帰り、姉宅に寄り花を活けて帰りました。
今日はパパさんの手術で取った腫瘍の細胞検査の結果が出る日だったので、景気づけ?に。
姉宅の広い庭に入ると、すぐに水庭に行って水の催促。
水を飲んだかと思うと、今度は庭を好き勝手に走り回る。

なのに・・・・・

またまたタオルを被せると-・・・・・・(´へ`;)ハァ 自分で取ってよ! !


あ〜あ、育て方を間違ったかも? もっと自立させねば。(爆)

ニックネーム ラブドル&モモ&アーダ at 22:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする