2007年09月09日

ただひたすらに・・・・・・

VFSH0026.jpeg【前進あるのみ! !】てな具合に、歩くアーダ。
お散歩と言うよりは、なんだかなぁ〜〜〜。
5日から今夜まで、人間の夕飯は遅くなろうとも毎日車に乗って【山根公園】に夜のお散歩に行きました。
モモも一緒によく夏場の夜のお散歩に来た公園です。

確かに道中の車内で嬉しくてうれしくてどうしようもないくらいのアーダなんですが、歩き始めると・・・・・

【アーちゃん、涼しいねぇー】【アーちゃん、もっと真ん中を歩いてよ、ムカデちゃんがいるかもしれないから】と話しかけるのですが、振り向きもせずひたすら前に向かって速歩で歩きます。
母と二人、「モモがいたらこの速さだとあるけないよね」って行ったり、「モモはすれ違う人に声かけてもらいたくてうずうずしてたよね」とか話しながら歩いてるのに、アーダの愛想のなさと言ったら。
先日かつての生徒さん母子と会って立ち話をした時も、ダックスに吠え立てられてるのに、さっさと伏せて寝ちゃうし。
かと思うと、車の中で一生懸命さがしものをする始末。

ぢつは、夜のお散歩はアーダが少しでも気分転換になって元気が出るかと思って始めたのですが(かなり時間的には無理をしているのですが)、お散歩二日目からアーダの様子が変なんです。
またまた分離不安がひどくなり始めました。

山根公園でお散歩をしていて、何かいっぱい思い出したようです。そして、車の中での探し物は【モモ】なのです。
今夜はっきりとわかりました。
なんだか切ないです。

お散歩はしたいんです。
でも車の中にモモがいるのかな?・・・・と思っているような感じなんです。
だから、少しでも速くお散歩をして車に帰りたいのです。多分。
以前なら、いつまでも歩いていたいし、車に乗る前にお水を飲みたかったのに、4周すると車のある駐車場を目指します。
そして、ドアの前に立って【速く開けて】と催促します。
帰宅するまで、車の中で伏せて見たり、後ろに行ってなにやらごそごそと探し物をしています。以前はこんな事しませんでした。
ほんとに不思議です。

帰宅して、足を洗い、全身を綺麗にタオルで拭いてから家に入ります。そして、その時にお水を十分に飲みました。ゲップがでるほど。
なのに、部屋に上がって一番にした事・・・・モモの祭壇に供えているお供えしたお水をがぶがぶと飲んでしまいました。
モモの事がアーダの心の中で解決したのかと思っていましたが、まだまだ・・・・・・
私の心も波があるように、アーダの心もいろんな思い出を思い出したりすると、揺れているようです。

モモとアーダ、母子である以上に絆が強かったんですね。

モモの布団の足元に寝ていて、気が付くとよく二人が頭をくっつけていることがありました。
やはり、何か話をしていたんですね。

聞きたかったけれど、聞けない事が良かったのかも(*^_^*)

ニックネーム ラブドル&モモ&アーダ at 00:28| Comment(1) | TrackBack(0) | アーダのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする