2007年08月31日

ぽっかりと・・・・

P1030379.jpgP1030375.jpgP1030371.jpg体に大きな穴が開いたような毎日を過ごしました。
28日にモモの【ふた七日】を家族でしました。
モモに似合いそうなお花をいっぱい飾って、モモの大好きだった食べ物をお供えして・・・・・・
お星様になったので、味が付いていようが、少々たまねぎが入っていようが・・・・・・・お構い無しのお供えものです。笑
そして、母と二人「般若心経」を唱えました。
アーダはその間・・・・・・
おいしそうなお供え物が気になりつつも、私達がいるので、
どうにも具合が悪く、結局伏せをしてお経を聞いていました。

秋めいてきたせいか、日が経ってきたせいか、モモがいなくなっ寂しさがどんどん増します。おかしいですね。

29・30日は仕事も忙しく、また、東京に行っていた姉が帰宅したりとなんだかバタバタ。
でも、忙しいくらいの方が色々と考えなくていいみたい。

父の時も家族みんな、出来る限りの事をして見送ったはずなのに、日ごと「あ〜すれぱ良かったのか?」とか、色々と考え後悔する事もありました。
モモも同じです。
一生懸命頑張って悔いはないと思っていましたが、日記を読み返すと【様子をみましょうとDrに診断された時】、食い下がって【いえ、血液検査をしてもっと調べてください】と言っていれば、モモを失う事はなかったのでは! !と。

この4日間ほど、とっても暗くて奈落の底にいたラブドルでした。

あまりに辛いので何かしていたほうが気が紛れるので、
夏野菜満載のカレーを作ったり、幼児用の教材を作ったり、
アーダと夜のお散歩を楽しんだり、皆既月食を見たり。

自分で自分がしんどくなっていました。はははっ。久しぶりでした。

昨日遅くラブ友さんからメール。
モモの大好きだった【越前そば】を送って下さったと。
ほんとうに有難いです。
本日届きましたので、先ずはそのままでモモの霊前にお供えしました。明日は食べられるようにしてお供えします。

そして、今日はマイミクでもあり、教え子のプチパンさんがフランスのお土産といろんな写真を手にお母様と顔を見に来てくれました。
どよんとしていて、なかなか人の大勢いるところに出たくない私、何度も連絡を貰いながら・・・・・・ごめんね。
で、元気が出ました。ありがとう。

今朝、恩師から電話がありました。
人づてにモモの事を聞いて、私を心配して電話をくださいました。
恩師は「○おちゃん、あれだけ大切にしてたから、どれほど辛いか・・・・・・大丈夫なん?・・・・・・」色々と1時間あまりお話をして電話を切りました。
先生も色々と悲しい事があったようですが、私の事を心配して下さって・・・・・・申し訳なかったです。
でも、お話をして安心していただきました。


今日アーダは2時間、モモの祭壇の下に入ったまま出てきませんでした。何を考えているのやら?
食欲は戻ってきました。(*^_^*)
おいしい物がいいみたいです。わがまま・気まま娘に成り下がって下ります。

今日不思議な事がありました。
毎朝モモの霊前にお水をあげます。
今日おそばをお供えした時に新しい水に取り替えました。
ところが・・・・・・夕方見ると水に白いものが結構浮かんでいたのです。
ちりや埃ではないです。
モモが寝込んでから、まだ自分で水を飲んでいた頃・・・・・
どうしても口の中が乾燥するようで、水を飲むと白い痰?のような糸に近い物が水に浮かぶのでした。いつもです。

それが・・・・・・今日、モモの水入れに浮かんでいたのです。さてはアーダが?と思いましたが、奥置いているので飲めないだろう?と思います。

モモ・・・・・かな?

モモの祭壇を飾る花、白い菊の花をよ〜く見ると【双子】なんです。これだけでなく、あと3つありました。

ニックネーム ラブドル&モモ&アーダ at 23:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする