2007年08月06日

点滴に行きました。

5日から6日に日付が変わって深夜、モモが久々にえずきました。
それから朝まで3回。
嘔吐とは少し違うのですが、嘔吐と下痢は【脳症】の症状なので、朝まで気になって眠れませんでした。
4日に点滴をして、昨日はせず。
とにかく水分を嫌がらない限り取らせます。
嫌な時は口に入れても反対側からそのまま垂れ流しています。
モモもなかなかです。
自分で飲むことはできなくなりました。舌が上手く動かず、空振りして飲めません。
でも、【お水ください】と合図します。助かります。

舌に口内炎も出来ています。
これも【尿毒症】の症状の一つなので心配です。

が、おしっこも出ていますし、食べてくれます。
活性炭を混ぜているので真っ黒けな流動食を食べてくれます。
おしっこや飲んだもの食べたものの時間と量をしっかりと記録しているので、Drに見てもらうと、この状態で一回に50〜60ml食べられること凄いことです。
「ほんとうにモモちゃんは凄いです」と感心していました。
食後はお口の中に残った食べかすをお水ですすがせるのですが、「もっちゃん、お口すすぐからそのまま出してね】と言うと、そのままクチュッとして垂れ流してくれます。

おまけに、Drが「今日は目のしっかりしていていいですね」と。これでまたまた私は淡い期待を持ってしまうのです。
で、血液検査をして【奈落の底】に落ちるんです。

ところが、点滴をしている間に凄いことが・・・・・
最近は院長が点滴をして、その間色々と私と話をします。
そんな時、モモが点滴しているのに立ち上がって座ったんです。足を前に放り出した形で。もうびっくり。
Drも目が点でした。

私が自宅では何歩か歩いたんですと言っても、半信半疑だったと思うので、目の前でのモモの行動にびっくりしたようです。

モモの生命力は凄いです。
しかし、反面、免疫力が落ちてきているのは歴然としています。
口内炎も【尿毒症】の症状と言うよりは、免疫の低下によるものらしいです。
ここ何日間か精神的に辛くて、口の中を綺麗にしてあけられなかったから・・・・・・・気をつけたいです。

そして、思ってもみない言葉が。

支払いの時院長が出てきて挨拶してくださいました。
その時、このままの状態が続くのであれば、「ステロイド」を使って治療して見るのも一つの方法としてありますと。
ただステロイドなので副作用もあるし、劇的効果が一時的には得られるけれど、その反動もあると。

もともとじわじわと年齢的に腎臓が悪くなったのなら、ほかに方法もあるけれど、モモの場合、子宮蓄膿症によるものなので(病名を聞きましたが、すっかり忘れましたその方法では効果がない。

今日は思い切ってモモを車に乗せたまま、姉宅に行き、生みたて玉子を買い、帰り道マイミクのチョビさんとお話がしたくて某事務所により道しました。
はじめてチョビさんにモモをみてもらって、撫でていただきました。とっても嬉しそうなモモでした。
私もモモのことやらいろいろと精神的に凹んでいましたが、またまた元気を貰ってかえって来ました。
モモは少しの間車の中で待っていてくれました。爆睡してました。
無理はいけませんが、点滴に行っても、駐車場で待っている車の中で、外の足音やドアを空けると匂いをかいだりとしているので、少し刺激と言うか、変化を与えてみました。

おしっこもしています。食事も食べて、水も少しずつですが飲んでいます。
シートの境目でおしっこをして、お布団カバーを全部お洗濯。
まだ乾かないうちにまたまた・・・・・・・

点滴は500mlを一日おきにするようになりつつあります。
モモが苦しくないように。

そうそう、モモの鼻がガビカビになり、鼻の穴がふさがっていました。不思議です。
どうも鼻汁と食べたものの水分が混ざって、鼻に出て来るようです。いわゆる鼻○そでしょうか。

チョビさんのおかげで元気が出たラブドルです。

そして、毎日応援してくださっている皆さん、ほんとうにありがとうございます。
モモの頑張りは、皆さんの目に見えない力です。ありがとうございます。

ニックネーム ラブドル&モモ&アーダ at 23:27| Comment(13) | TrackBack(0) | モモのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする